【面白い!】マコなり社長のプレゼンに惹き込まれる理由【中田敦彦×マコなり社長の動画解説】

おすすめビジネス系Youtube

Youtuber兼事業家として人気のあるマコなり社長が中田さん、YouTube辞めませんか?【中田敦彦×マコなり社長】という中田敦彦さんとのコラボ動画で、中田敦彦さんにプレゼンをしました。

惹き込まれるとても魅力的なプレゼンでした。

なぜここまで惹き込まれるのでしょうか?

その理由を分析しました。

マコなり社長のプレゼン動画【中田敦彦×マコなり社長】

そもそも、中田さん、YouTube辞めませんか?【中田敦彦×マコなり社長】はどんな動画なのでしょうか?

端的にいえばマコなり社長と中田敦彦さんとのコラボ動画で、まこなり社長が中田敦彦さんに新規ビジネスをプレゼンする、という内容です。

詳しくは本編をご覧ください。

中田さん、YouTube辞めませんか?【中田敦彦×マコなり社長】

分析・解説の前に【本当はいきなりプレゼンをしない】

本当に新規ビジネスを提案するのであれば、初対面で新規事業プレゼンをすることはNGです。

YOUTUBEコラボという環境だからこそやった【パフォーマンス要素】もあることは理解しておくといいでしょう。

本来は、時間をとってヒアリング、打ち合わせをして相手との意思疎通ができてからプレゼンに臨むものです。

何の打ち合わせもなく、新規事業をプレゼンするのはある意味身勝手な事ともいえるとご自身でも語っています。

【ごめんなさい】中田敦彦さんに言えなかった本音を話します。

マコなり社長のプレゼンが面白い理由

プレゼンがどういう構造で人を惹きつけるのか?

分解してみていくと明確な理由があります。

一つ一つ見ていきましょう。

冒頭で聞く価値を強調する【緊張と緩和】

まず冒頭で「中田さん、YOUTUBE辞めませんか?」というショッキングでなぜなんだろうという気になる強烈な一言から始まります。

それにより、どんな話をするのだろうという「緊張をつくりだします。

えーーーー!なんでYOUTUBE辞めろなんて言うの?

そして、伸びてる動画を見て面白おかしく悔しかったという事をつたえています。

ここで一度先ほどの緊張から「緩和」に移ります。

和やかな感じになって二人ともいい笑顔ですね。

この、「緊張」と「緩和」が話を面白くさせる法則なのです。

【99%の人が知らない】簡単に人を夢中にさせる「黄金法則」という動画で解説されている内容です。

人を魅了するコンテンツには必ずと言っていいほど、使われている方法です。

【99%の人が知らない】簡単に人を夢中にさせる「黄金法則」

結論⇒具体例⇒理由⇒結論【PREP法】

話の組み立て方にも仕組みがあります。

PREP法という方法です。

  1. 結論(Point)
  2. 理由(Reason)
  3. 具体例(Example)
  4. 結論(Point)

まずいきなり1、結論「youtuber辞めませんか?」と切り込みます。

その次に2、理由「youtuberとして一番得をしているのはアウトプットをしている中田敦彦さん本人だから」

そして3、具体例「一人でやらずにアウトプットを通じて学びを楽しむオンラインで事業」の提案をします。

最後にもう一度結論4、「youtuberを卒業して”経営者”になりませんか?」

という流れがPREP法です。

チラ見せドリブン【結論を具体的に言わない】

最初にズバッと「youtuber辞めませんか?」と結論をいいます。

え?何?なんで辞めるっていうの?きになる!

と、謎が多い結論ですよね。

一体なぜ、辞めるというのだろうと思わせて次の展開をチラっと見せる。

これがチラ見せドリブンです。

これも過去の動画ですが、実は「結論」から話してはいけないで紹介されています。

(ほぼ)画像のみのスライド

プレゼンのモニターを見てみると、ほとんど文字やグラフなどがでてこないことがわかります。

場合によっては写真のみ、画像のみというスライドがほとんどです。

これは、人は聴くことと読むことは同時にできない。という理由があるからです。

文字やグラフを入れてしまうと、画面を見るほうに集中してしまい話しての内容が頭に入らないためです。

あくまでもプレゼンの主役は話し手(プレゼンター)です。

スライド資料はビジュアルサポート、詰め込みすぎないことがポイントです。

まとめ 面白いのも理由がある

まとめると

  • 緊張と緩和
  • PREP法
  • チラ見せドリブン
  • スライドは画像メイン

これ以外にもまだいろいろ秘密があるかもしれません。

何故なのか?考えて分解してみるとそれも面白いと思います。

タイトルとURLをコピーしました