kindleアプリ読み上げ機能で、ながら読書のススメ

読書術

読書をしようと思ってもなかなか時間がとれない。

買ったはいいけど積み上げておくいわゆる積読(つんどく)状態になってしまっている。

そんな状態を解消できる、私も活用している方法があります。

(しかも、無料で。)

それは、iPhoneの読み上げ機能をつかって、

聞きながら読書をする方法です。

家事をしながら、運転しながら、お風呂の掃除をしながら…

それではiPhoneで「ながら読書」を無料でできる方法をご紹介します。

iPhoneの読み上げ機能をつかう

ながら読書をするにはiPhoneの機能の一つ「読み上げ機能」を使います。

iPhoneにもともと備わっている機能ですので、インストールなどは不要です。

iPhoneでは、このように設定をします。

  1. 設定
  2. アクセシビリティ
  3. 画面の読み上げ(オンにする)

で、読み上げ機能を使えるようになります。

読み上げ機能を使うには

「画面上部から下に2本指でスワイプします。」

2本指でスワイプすればそのまま読み上げが始まります。

kindleアプリをインストールして、電子書籍を購入すれば本の読み上げができます。

ホームページをそのまま読み上げることもできます。

読み上げ機能の詳しい使い方はこちらをご覧ください。

kindleアプリを入れる

読み上げ機能の準備ができたら、kindleアプリをインストールします。

アップルストアでkindleアプリを入れましょう。

kindleアプリをインストールしたらkindleで電子書籍の本の購入がひつようです。

1冊づつ買ってもいいですが、Amazonプライム会員になっていれば

読み放題になっている本もありますので、そこからはじめてもいいと思います。

iPhone読み上げ機能とAmazon audibleとの違い

iPhone読み上げ機能はもともと本体にある機能ですが、

本を朗読してくれる『Amazon audible』という有料プランもあります。

オーディオブックと言われています。

実際使ってみた私の感想もふまえてご紹介します。

朗読スキルの差

iPhone読み上げ機能は機械的

iPhone読み上げ機能は、画面の文章を機械的に読んでいきます。

読む人(声?)はSiriまたは設定で他の声にも変えることができます。

機械的に読んでいるので、漢字の読み方がまちがっていることがあります。

例えば…

「一つ」を「いちつ」と読んだり

「一日」をどんな状況でも「ついたち」と読んだり

とSiriにとっては漢字の読み分けるのは難しいようです。

読み上げ速度は変更することができます。

audibleはプロのが朗読する

audibleはオーディオブック専用のサービスです。

1冊づつプロが朗読した音声をダウンロードしますので、

とても聞き心地がよく、ストレスなく聴くことができます

読み上げ速度も変更することができます。

対象の本の差

読み上げることができる本の差の比較をします。

iPhone読み上げ機能はほぼ全てのkindle本がOK

読み上げ機能は文章をそのまま、機械的によみあげるので

ほぼすべてのkindle本がOKです。

ただし、イラストがメインになっているものなどは読み上げの対象になっていないことがあります。

それ以外はほぼ読むことができます。

audibleはマイナーな本はないかもしれない

audibleはプロが録音をした本だけになりますので、

全ての電子書籍というわけではありません。

ベストセラー本などはほぼラインナップにありますので、そういった本をよむのであれば品質が高くておすすめです。

ただし、マイナーな本はラインナップに入っていない場合があります。

そういった本を聞きたい場合はあまりおすすめできません。

購入費用の差

電子書籍やオーディオブックの購入コストをくらべてみます。

kindle本の購入コスト

kindle本を購入する場合は1冊づつ個別で購入する以外にも読み放題プランがありますので、たくさん読みたい方は読み放題プランを活用するのもおすすめです。

1冊づつ本を買う場合でも紙の本よりもちょっと安いです。

読み放題には2つのプランがあります。

ひとつはAmazonプライム会員になれば、オマケで読み放題になる

サービス「プライムリーディング」です。

雑誌から小説、ビジネス本まで数百冊ほどのラインナップがあります。

Amazonプライム会員は月額500円ですので、1冊でもよめば元がとれてしまうお得なサービスです。

ちなみに、プライム会員になったことがなければ1カ月間は無料で試すことができます。

⇒プライム会員は登録はこちらからどうぞ。

その上を行く読み放題プランが「Amazonアンリミテッド」です。

なんと…10万冊もの種類が読み放題になって月額980円です。

はっきり言って、このラインナップ数で980円は本を読む方にとっては安すぎます。

ただし、ラインナップ数が多くても読みたい本がないという方は

おすすめできません。

⇒Amazonアンリミテッドの登録はこちらからどうぞ。

まとめ

  • 1冊づつ kindle本を買う(紙の本よりちょっと安い)
  • プライムリーディングの読み放題 月額500円
  • アマゾン アンリミテッドの読み放題 月額980円

audibleはオーディオブックの購入という感覚

audibleは月額1500円でコインを1枚もらえます。

どういうことかというとこのコインで好きな本を価格に関係なく1冊ダウンロードできます。

1500円以上の物でもOKです。

月に1枚のコインですので、それ以上は1冊づつ購入をしていく必要があります。

⇒audibleの登録はこちらからどうぞ。

一カ月間は無料で試すことができます(無料期間に解約すれば、1カ月間は無料で試すことができます)

      朗読スキル本のラインナップ本の購入コスト
iPhone読み上げ機能低品質 漢字の読み間違いが多い△多い kindle本ならほぼ全て◎月額500円プライムリーディング読み放題 ◎
プラス月額980円kindleアンリミテッド読み放題 ◎
それ以上は1冊づつ購入 〇
audible高品質 プロが朗読◎kindle本と比較すると少ない〇月額1500円で月1冊読み放題 それ以上は1冊づつ購入△

まとめ 気にならなければ読み上げ機能でOK

機械的な音声読み上げで読み間違いが気にならなければ

iPhoneの読み上げ機能でいいと思います。

本を読む時間がない場合は、食器をあらったり、そうじをしたりしながら読み上げ機能をつかって

ながら読書をするのがおすすめです。

機械的な音声が苦手なら、

audibleでストレスなく聴くのもいいと思います。

本を読む時間がない方は、

聴く「ながら読書」から始めてみませんか?

タイトルとURLをコピーしました