車の通勤時間は何してる?有効な使い方とは?!

読書術

車で通勤をしている時間

何をしていますか?

音楽を聴いていますか?ラジオ、テレビの音声?

僕は車通勤だけど、音楽を聴いています。

通勤時間が片道20分であれば、月20日出勤なら

年間160時間もの時間を通勤に使っています。

年間160時間…何となく過ごすにはもったいない。

音楽を何となく聴いて160時間をすごすのか・・・

自分の成長につながる160時間をすごすのか・・・

せっかくならこの160時間、有効につかってみませんか?

あちかむ
あちかむ

せっかくならこの160時間、有効に活用しよう!

車通勤の時間を有効につかう効果的な方法を厳選2選ご紹介します。

できることは限られる「口」と「耳」を使おう

運転中は運転に意識を集中し、ハンドルをもたなければいけないことを前提なのでやれることは限られています。

そうなると「口」と「耳」をつかって時間を価値のあるものにしたいところです。

それを踏まえるとおすすめはこちらです。

  • 顔のストレッチ
  • 聴く勉強
  • 聴く読書

詳しく解説していきます。

顔のストレッチ

運転中は両手がふさがれていますが、

顔だったら自由に動かすことができます。

毎日の通勤時間がすべて小顔にするためのトレーニング時間になれば

どのぐらいの効果がでるのでしょう?

年間160時間小顔のストレッチをしたらどのぐらい変わるのだろう…?

想像するだけで、結果がワクワクしますね。

私自身も顔面の筋肉のトレーニングをしています。

トレーニング方法はyoutubeや本で詳しく解説されています。

顔のトレーニングのメリット

顔のトレーニングのメリットはズバリ!

小顔効果ですね。

毎日の通勤時間をすべて小顔効果にそそぎこみましょう!

顔のトレーニングのデメリット

顔のトレーニングをすることのデメリットは人に見られたら恥ずかしいということです。

対向車や信号待ちのときに変な顔をしている瞬間を見られると「何やってんだ?」と思われるかもしれません。

見られにくい時をねらってトレーニングしましょう。

全く、気にしないぜ!

というかたは問題なしです。

聴く勉強

何かこのスキルをみにつけたいと思っていることはありませんか?

英語を勉強したいけど、時間がとれない。

資格を勉強したいけど、家に帰るとやることがある。

でも大丈夫です。

年間160時間を勉強の時間に注ぎ込めば素晴らしい未来が待っているかも?

車通勤時間の勉強 英会話

聞いて勉強できることの一つは英会話です。

英会話なら通勤時間でも勉強しやすいですね。

車の最大のメリットは声に出しても大丈夫なところです。

声を出して学ぶことで身につきやすくなります。

電車通勤よりもかなり有利ですね。

あちかむ
あちかむ

毎日の通勤時間で勉強を積み重ねられれば英会話も習得できるかも?

⇒リスニングなら楽天・yahooで評価が高いネイティブイングリッシュがおすすめです。【1日6分聞くだけで英語が話せるネイティブイングリッシュ】

聴く読書

読書もまとまった時間がないとなかなか始められないですよね。

活字が苦手なかたにもおすすめなのが聴く読書です。

自分も活字が苦手だったので通勤時間はよく聴く読書をしています。

活字が苦手な人も聴くならいいかもね。

読書自体、いろいろな価値観を与えてくれるのでとても勉強になります。

Amazonの【オーディブル】なら30日間無料で始められますのでそこから始めてみることをおすすめします。

ちなみに無料期間で解約すれば、無料で試すことができます。

⇒無料申し込みはコチラからどうぞ。

まとめ 年間160時間を価値あるものにしよう!

毎日の通勤時間せっかくなら有効につかいたいですね。

おすすめの時間の使い方のおさらいをします。

  • 顔のストレッチ
  • 聴く勉強
  • 聴く読書

価値のある時間の使い方ができるよう応援しています!

タイトルとURLをコピーしました