積み立てNISAと一般NISAの違い どっちがいいの?

ビジネススキル基礎

つみたてNISAと一般NISAの違い どっちがいいの?

つみたてNISAとすでにある現行NISAは何が違うのか?

NISAとはそもそも何なのか?というのを解説をしつつ、どちらがいいのかを選んでいただければと思います。

そもそもNISAとは?

NISAとは?ニーサと読みます。 日本語では少額投資非課税制度 といい2014年から始まりました。

なんだか、難しくてとっつきにくそうです…

全く聞いたことがないのであればちょっと手を出しにくそうな感じですが、簡単に言うと投資で得た利益の税金が免除される制度です。

税金ねぇ、税金ていうと数円ぐらいだけでしょ。

非課税のメリットをあなどっていますね・・・

では一例としてつみたてNISAのUFJシミュレーションを参考に調べてみましょう。

2万円を20年間積み立てたとして…

積立額は単純に480万円ですよね。

で、利回りで増えた金額が540万円。そのうち非課税分でお得になった金額が109万円なのです。

それはすごい!!109万円もお得!絶対やったほうがいいんじゃないの?

そうですね。NISAには大きなメリットがありますが、いろいろと条件がありますので、理解したうえでやっていくといいですね。

で、まとめるとNISAって結局何なの?

NISAとは非課税でできる投資信託です。

投資信託とは?

NISAに非課税というメリットがあるのはわかったと思いますが、中身を見ていきましょう。

NISAで購入できるのは投資信託という金融商品でつみたてNISAはそのなかでも金融庁が選んだ絞られた投資信託のみになります。

投資信託って何?なんか聞いたことがあるような…

投資信託とは株の詰め合わせパックのようなものです。

それをみんなでお金を出し合って購入するというイメージです。

最小では100円から購入できます。

最近ではポイントを利用して投資ができる「ポイント投資」というものもあります。

意外と小額から投資ができるんだね。

投資信託にはいろいろなラインナップがありますがここでは説明は省かせていただきます。

NISAは非課税になるのですが、購入できる投資信託が限られてきます。

今までのまとめると、国が「税金は取らないから投資とかやったことないなら、やってみなよ。」とおすすめをしているような感じです。

なるほどね、それで最初に言ってたつみたてNISA現行NISAはなにがちがうの?。

つみたてNISAとは?

つみたてNISAは1年間のうち40万円まで20年間非課税となります。

月にすると3万3333円です。(中途半端ですね・・・)

また、つみたてNISAのラインナップは一般NISAにくらべ限られていて一定の条件をクリアしたもののみになります。

つみたてNISAはその名の通り「積み立て」をしていくことを前提に作られた制度ですので、長期にわたってコツコツ積み立てていくことで将来にそなえる、といったイメージです。

基本的には20年間積み立て続けていく、ということを理解したうえで始めていく必要があります。

あらかじめこの期間たったら引き出すという時期を決めておくということ以外は20年預けっぱなしにしておければつみたてNISAがおすすめです。

ただし、先述でも述べたように商品が限られているというデメリットがあります。

20年間持ち続けるというのがつみたてNISAをやっていくうえで必要というわけか。将来のための投資ということだね。

一般NISAとは?

一般NISAは1年間のうち120万円まで5年間非課税となります。

月にすると10万円です。

一般NISAは5年間という期間限定ではありますが、選べる商品が多いというメリットがあります。

一般NISAは20年間保有し続けない。または、毎月投資できる額に余裕がある場合などがいいんだね。

つみたてNISAと一般NISAは同時に購入できない。

ここで1つ問題があります。

つみたてNISAと一般NISAは同時に購入することができません。

NISAを始めるにはどちらかを選ぶ必要がでてきます。

え?そうなの?う~ん、どっちにしよう・・・

まとめ

NISAとは投資信託で非課税の制度のこと。

一般NISAは年間最大120万円で5年間まで。

5年間内に引き出す可能性があるなら⇒一般NISA

つみたてNISAは年40万円で20年間まで。金融商品は限られている。

20年間保有し続けられるなら⇒つみたてNISA

ちなみに私はつみたてNISAを始めました!

タイトルとURLをコピーしました