宝くじで資産は形成できない3つの理由

宝くじ ビジネススキル基礎
宝くじ

お小遣いを増やすための手段として、「宝くじ」はどうか?考察をしてみました。


宝くじで資産を形成できない3つの理由

1.再現性がない

例えば100万円当たったとします。もう一度狙って当選させることは難しいですよね。

2.還元率が低い

還元率は50%にも満たないようです。つまり、どういうことかというと全国全体で1億円買ったら5000万円が還元されるということになります。

運の良さ、悪さにかかわらず全国の状況としては資産が50%を下回っていくということになってしまいます。

3.投資をすることができない(良い運用方法をしらない)

もし、1億円当たったらどうしますか?高級車を買って、ハイブランドのバッグを買って、高級腕時計を買って、高級焼き肉店で食事をしますか?

少しの贅沢ならよいかもしれません。ただし、人間は贅沢にも慣れてしまいます。1億円ある生活にも慣れが出てしまうのです。

だんだん減っていく金額に対してなすすべがなく、ただ贅沢な暮らしにも慣れが出てきてしまいます。

よし、もう一度当てようと思っても困難を極めます。

どういう人当たるのがいいのか?

じゃあ、どうすればいいの?それは、1億円稼ぐ実力を持つことが必要です。

もともと稼ぐ能力があれば、突然わいてきた1億円をどう使うことができれば当選の有無で生活スタイルが大幅に変更することはありません。

まとめ:宝くじは資産を形成することができないため収入を実力で形成していくスキルを身に着けるか資産を形成していこう。

タイトルとURLをコピーしました