ビジネス用語解説 ブランディングとは?

ブランディング ビジネススキル基礎
ブランディング

ブランディングの意味

ブランディングとは、ハイブランドのように高級なイメージを持たせて低い原価で高い売価でも売れるようになり利益率を高めましょう、というものだけではありません。

提供側と受け手側双方の印象を明確にして浸透させていくことです。

例えば、アシックスといえばスポーツブランドというだけでなくランニングシューズなどランニングに特化し高い品質をというイメージですよね。

このように企業側が一方的にイメージを押し付けるだけではなく、買い手側にこのメーカーってこうだよね。とイメージを浸透していてこそブランディングの成功と言えます。

ブランディングの成果

その物やサービスに対してのイメージを提供する側、受け手側が双方合致させることが大切です。

提供側が一方的にこういう印象を持ってもらいたいと押し付けているだけではブランディングは成り立ちません。

例えば、「この人だったらこういった専門に特化して安心できる」というイメージがあればパッと「この人に依頼しよう!」と思いますよね。

ブランディングの成果は以下の通りです。

  • 顧客のロイヤリティが高くなる
  • ブランド拡張ができる
  • 信頼性の向上
  • 認知が高まる
  • イメージで連想される

ブランディングを成功させるには

ブランディングを成功させるには細部までこだわり、ブランドマネジメントをし続けることです。

受け手がブランドに接する機会はわずか5%のみです。そのためブランドロゴ、発信するメディア、サイトのデザインなど細部にまでこだわる必要があります。

まとめ

ブランディングとは提供側だけでなく、受け手のイメージ双方の両立が必要。

ブランドは資産価値となる。

タイトルとURLをコピーしました